リンデロンA軟膏 目の上の赤み

リンデロンA軟膏はアレルギーの目の周りの赤みによく効きます。

私は、軽いアレルギーがあり、目の周り、特に目の上が赤くなることがしばしなあります。

 

冬から、春にかけて、かゆみがあります。

 

寝ている時など、無意識のうちにかきむしったりしているようで、朝起きて鏡を見ると、赤くなっていることもしばしばあります。

 

特に、かゆみがあるのがたまりません。

 

掻けばかくほど、赤くなり、範囲も広がるのが、わかっているのですが、ついついこすってしまっています。

 

そのため、皮膚科に時々いって、塗り薬をもらっています。

 

その薬は、リンデロンA軟膏という薬です。

 

リンデロンA軟膏には副腎皮質ホルモンが入っているようで、やはり、赤くはれている時は、よく効きます。

 

リンデロンA軟膏は眼とか耳専用の薬なので、肌の柔らかいところにつける薬なのですが、このリンデロンA軟膏をつけると、少し、光ったようになります。

 

そのため、私は、1日に1回、寝る前にリンデロンA軟膏をつけるようにしています。

 

副腎皮質ホルモンの入った薬は、強い紫外線などにあたると肌の色が、赤っぽくなる気がしているので、できれば、あまり常用してつけていたくは、ありません。

 

本来なら、リンデロンA軟膏はつけないのが一番良いのでしょうが、中々つけないでは、おれません。

 

もしかして、アレルギー体質から、きているのならば、体質改善をしないといけないのかもしれませんね。

 

最近では、冬や春先だけではなく、真夏の汗をかいた後にも、目の周りがかゆくなることもあります。

 

汗も、肌には、良くないのかもしれません。

 

汗をかきやすい夏は、こまめに、洗顔をしたほうが良いのだとは、思うのですが、仕事をしていると、なかなか、思うようにはいかないです。

 

現在もリンデロンA軟膏をつけていますが、少し良くなったら、こまめに洗顔をしようと思います。

 

やはり、これから夏に向かっては、汗をかきやすい季節です。

 

少しでも、リンデロンA軟膏に頼らないようにしたいものです。

 

(島根県 のんちゃんさん)