ドルマイコーチ軟膏市販

ドルマイコーチ軟膏市販

 

火傷の治療に市販のドルマイシン軟膏を使ってみました

 

わたしは手に初めて火傷をしてしまいました。

 

水で流すのが不足していたために赤くなって跡がのこってしまいました。

 

火傷をしたその日のうちに、近くのドラッグストアに行って、薬剤師の方に相談し、ドルマイシン軟膏ともう1つ勧められました。

 

ですが、ドルマイシン軟膏はやけど以外にも使い道があるよと教えてもらったために後先のことも考えてドルマイシンン軟膏を購入しました。

 

家に帰って早速ドルマイシン軟膏を塗っていきました。

 

ドルマイシン軟膏は1日に2?3回程度できるだけ傷が隠れるように多めに塗ればいいと言われたため、その通りにしていきました。

 

特に火傷したところにドルマイシン軟膏を塗っても痛みなどはなく気軽に安心して塗ることができました。

 

ドルマイシン軟膏の色は透明で少し軟膏特有と言えるのでしょうか、ベタベタした感触でした。

 

ドルマイシン軟膏を塗った時はたしかにベタベタとした感じがするのですが垂れてきたりすることはなく時間が経つと液が馴染んできたというのでしょうか、そのように目立たなくなってきます。

 

また、ドルマイシン軟膏の匂いは特にありませんでした。

 

1日目ではさすがに効果は期待できないのですが、徐々に何日も塗っていくと初期のやけどしたての頃に比べると赤さが引いてきたように思います。

 

そして数週間ぐらいで塗るのをやめました。

 

その後にまたやけどをしてしまったためにそちらの方の手のやけどにももう一度このドルマイシン軟膏を使って毎日塗っていきました。

 

こちらはすぐに水で流したために少し腫れは引いていたのですが塗ってみるとまた数日で跡が薄くなってきました。

 

結果的にどちらのやけども1、2週間程度でドルマイシン軟膏を塗るのをやめてしまったのですがこんなズボラな感じでも一ヶ月ぐらい経ってふとやけどの跡を見てみるとかなり跡が薄くなっていることに気がつきました。

 

今ではもう皮膚の色と馴染んでいてそれほど火傷のあとが気にならなくなりました。

 

なので火傷のあとに悩んでいる方にはドルマイシン軟膏を是非オススメしたいです。

 

(大阪府、もっぴーさん)